Calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

美味しい料理を食べると、自然とほころんでしまうでしょう。口の中に入れた瞬間に旨味を感じて、そこから少しずつ感動がこみ上げてくる・・・・美味しい料理というのはそんな魅力を含んでいると思います。やはり、舌の好みに合う料理を目の前にした時は、気持も舞い上がってしまいますよね。

そんな美味しい料理は、和洋中とたくさんあります。その中でも私達が慣れ親しんでいるものは、和食ではないでしょうか。和食は、素朴で深みのある味わいが特徴の日本人のソウルフードですよね。小さい頃からみそ汁の味に慣れ親しみ、醤油をつかって野菜の自然のままの味わいにアクセントを加える。そんな食べ方で和食をたくさん楽しんできたと思います。

今回は、そんな和食の中のベースになる食材であるあごだし・めんつゆについてご紹介しましょう。
おそらく、多くの人はめんつゆの存在は知っていると思います。うどんやそうめん、そばを食べるときにはめんつゆは欠かすことができないものですよね。しかし、このめんつゆはあごだしを原料にしたものがあるというのをご存知でしょうか?通常は、かつおだしを使った昔ながらの製法で作っているめんつゆですが、あごだしのめんつゆが今注目されているのです。

これに一緒に野菜を入れるとたまりませんね!野菜は、調理の仕方によって全く違う味わいになりますし、野菜本来の味わいから調理することによってはじめて感じることの出来るあじわいまでたくさんのものがあります。そんな野菜の特性を引き出してくれるのがあごだしなのです。

ここで、あごだしとはなにか?そのめんつゆとはどのような魅力を持っているのか?という部分にスポットを当ててご紹介しましょう。

オススメrink